Moe Muroi BLOG

シンガー/TOKYO/ミニマルライフ/旅するように暮らす

Tommy観てきました@アップリンク渋谷⇒吉祥寺で応援上映やるらしいよ

f:id:muroimoe:20190916162311j:image

 

The Whoのロックオペラの古い映画ですが、リマスターされたものが上映されてたので、先日アップリンク渋谷に観にいきましたので、後程感想を書きます。

 

 

ところで、そんなTommyですが、なんと応援上映開催するらしいです。

 

 

joji.uplink.co.jp

 

妊婦にはちょっと遠い&夜は体調崩しやすいんで行けないけど!!

行ける人、楽しんできてください!!

 

あと、関係ないけど、ビートルズのハードデイズナイトもZEPPで絶響上映とかいうのをやるらしいです。

t.pia.jp

 

こちらも、すでに臨月に入っている時期なのでいけませんが、行かれる方は楽しんでください。

 

ところで私、こういう応援上映系のって行ったことないんだけど、どんなノリなんでしょう?ライブみたいな?私、ライブを観にいくとき、1人参加の時はすごくおとなしくなっちゃうんですよ。シンガーのくせに、プライベートはなるべく目立たないようにおとなしく生きている…。でも、いつか行ってみたいです。

 

 

 

《introduction》

1969年に発売されたザ・フーによる2枚組アルバム「トミー」

この壮大なロック・オペラを、英国の鬼才監督ケン・ラッセルが完全映画化!世界各国で爆発的なヒットを記録した伝説的ロック映画の最高峰!

エルトン・ジョン、エリック・クラプトン、ティナ・ターナーらスーパーミュージシャンがダイナミックなパフォーマンスで魅了し、ジャック・ニコルソン、アン・マーグレット、オリヴァー・リードら映画界のビッグスターが歌い踊る豪華絢爛な世界が広がる。

 

 

アップリンク渋谷で観てきました

9/20までアップリンク渋谷で上映してたので、先日、観てきました。

渋谷駅からちょっと距離あるから身重で大変だったけど、いけてよかった〜!

 

アップリンク渋谷のスクリーン1での上映だったんですが、最前列はこういう椅子(のように後ろからは見えた)↓

 

f:id:muroimoe:20190921173952j:image

 

シアターが小さいのもあって、お家でゆったり観てる感じがしそうで最前列も悪くないなと思いました。

 

私はドーンと急に大きな音がするのとか、残虐なシーンとか苦手なので、終始何も起こらないパターソンみたいな映画以外は中央か後方で観ます。

 

本当にビビリなもので、たまーに危なそうな映画を観るときは、全部あらすじネタバレも調べて、観たくないシーンがないか確認してから観たりします。何が楽しいんだと言われそうだけど、仕方ないよね。ビビリなんだもの。

 

どの列で観ても、段差がしっかりついてて観えづらいってことはないです。

 

 

直前に用事があって、5分くらい遅れることになってしまって、チケットがあれば入れるってFAQにあったのでウェブで取り、なるべく鑑賞の邪魔にならないように入り口近くの席を取ろうとしました。

 

ど、どっちが入り口?と迷ったんだけど、出入り口は右側で、何となく賭けでE9をとったら入り口の真横で大正解でした。D10でも良かったかも。

 

f:id:muroimoe:20190921173034j:image

 

 

 

以降、感想!ネタバレ注意

詳細なあらすじは色んなブログに載ってるのでそちらにお任せするとして、私はただの感想をちょこちょこ。トミーを観た方じゃないとわかんないと思います。

 

 

 

トミー=ロジャーが可哀想で可愛い!!

ザ・フーのフロントマン、ロジャー・ダルトリーが主演ですが、トミーとしての演技が上手くてそのものでした。

 

彼を一躍スターダムにのし上げるピンボールとの出会いの場面、目が見えない役だからふらふらして、廃車にぶつかったり、廃車から降りるの踏み外したらしないかな?とか、終盤、火の中歩いてるのあれ本物?大丈夫?ってハラハラしながら観ました(笑)

 

 

セリフが一切ないのが良かった

発話は全部歌で、セリフがないのが良かったです。セリフ話してるところはサイレント。

他の映画でもたまに使われる手法ですが、今回すごくあってて良かったです。純粋に音楽を楽しめました。

 

 

クラプトン♡♡♡(はぁと)

トミーが成長してすぐのシーンで出てくるクラプトンですが、何しててもかっこいいですね!

私、クラプトンが好きなので、クラプトンが教祖様だったらマリリン教でも何でも入ります。

ところで、マリリン教って…一体…。

 

 

キース・ムーン気持ちわるい(笑)

大前提として私、ザ・フーのドラマであるキース・ムーンのプレイが大好きなんだけど、映画内のアニー叔父さんとしての怪演が気持ち悪すぎる(笑)

 

真っ暗になるシーンがすごい長くて、性的虐待されたってWikipediaには書いてあったけど、実際そういうシーンとして描かれたのかな?ちょっと疑問だった。まあでもそうじゃなきゃ真っ暗にしないか。

 

そして、あれだけかと思ったら、終盤までアニー叔父さん何回も出てくるのね(笑)

 

 

いとこの暴力描写が痛々しすぎ

私、基本的に暴力描写が苦手なので、歌手&俳優のポール・ニコラス演じるいとこのケヴィンがトミーに与える暴力描写が可哀想過ぎる。ビデオだったら早送りしたいシーン。

 

かと思えば、殺人シーンはリアルじゃなくて良かったです。

えっ、あれで死んじゃったの?っていうくらいあっさり、しかも、当たってなさそうな殴り方だったし(笑)

 

 

エルトン・ジョン出演シーンが超絶かっこいい

広告でもあのシーンをドーンと出してたのでここをクライマックスにもってきてるんだなーという感じでしたが、音楽も盛り上がるし最高にかっこよいシーンでした。

 

エルトン・ジョンといえば、もうすぐロケットマンが公開ですね。

https://rocketman.jp/sp/

 

 

ティナ・ターナー怖いけどかっこいい

あのシーンで出てくるの、昔の処刑の動画だよね?すごい怖かったー。涙

ティナ・ターナーも迫力ありすぎて怖かったーーー!笑

でも、やっぱりかっこいいなあ。

 

 

イギリス行った時の写真見返してて、ヒースロー空港で食べた朝ごはんをみて、あ!!!あの豆だ!!!と嬉しくなった。

f:id:muroimoe:20190921210808j:image

 

部屋中が豆のトマトソース煮だらけになって嬉しそうにしてるあのシーン。みんなあの豆好きなの?

 

f:id:muroimoe:20190921210939j:image

 

ロジャーのこんな写真もあるし。

 

 

まとめ

出てくるものとか服とか全部レトロでオシャレなのと、音楽がかっこいいので観てて楽しいです。あと、昔の映画にたまにあるんだけど、謎の行動をしまくるコメディタッチ(クリスマスシーンとか)なところも良かった。

トミーは不憫な人生をおくりますが、とにかく純粋で、目の前を生きることに一生懸命。

音楽ありきの映画にしては、物語としてもしっかり作ってある素敵な映画です。生きるって素敵だなって思えます^^映画館で観れてよかったです。

 

応援上映行きたかったけど…。